公立カレッジ・大学留学によるカナダ留学について

公立カレッジ・大学留学は、準学士号や学士号などの学歴取得を目標としたカナダ留学になります。カナダにある大学のほとんどは公立になりますが、カレッジも含めて専門プログラムも多数用意され、ここでは広く留学生を受け入れています。世界でもトップクラスの名門大学の学士号を取得できることもカナダ留学が人気のある理由となっており、多くの留学生がカナダを進学先に選んでいます。公立カレッジ・大学留学によるカナダ留学には2つのメリットがあり、まず、1つ目としては留学中にアルバイトができることがあります。


在学中であれば就労ビザを申請することなく働くことができ、授業がある時間も週20時間までなので平日でもアルバイトをすることができます。



また、夏休みなどでは長期に渡って働くことができます。

毎日新聞に関することは、情報が満載なこのサイトにおまかせください。

2つ目には卒業後の就労ビザがあります。カナダの公立カレッジ・大学を卒業をすると、就労ビザを申請することで、残って働くことができます。制度はカナダ独特の内容となっており、プログラム期間が8ヵ月未満の場合には対象にはなりませんが、8ヵ月以上2年未満では就学期間と同期間、2年以上の場合には最長3年まで働くことができます。

カナダ留学関連情報を解説します。

カナダの大学への進学では、入試制度が無いために高校の成績が大きな比重を占めることになります。

方法としては2つあり、直接大学へ入学をする方法と、カレッジを経由して編入をする方法があります。中でもカレッジを経由する方法はメリットがあることから人気があり、まず、英語力があればカレッジへの入学が可能となります。
次に、カレッジで取得した単にを大学に編入させることができ、他にも、カレッジの授業料が安いことや、小規模学習となるために学びやすい面があります。また、カレッジでは大学進学アドバイザーからのカウンセリングを受けることができ、進学先をしっかりと選択できることもメリットの1つとなります。

top