カナダ留学の種類について

カナダ留学を希望する場合には、どのような形で行うのか決めた上で申込みをする必要があります。

留学の形としては、まず、年齢30以下の場合、6ヶ月以上の滞在で働いてみたい場合にはワーキングホリデーとなります。

勉強に専念したい場合には学生ビザを取得することになり、6ヵ月以下ではビジターとなりパスポートのみで行うことができます。
30歳以上の場合には6ヵ月以下のビジターと、6ヵ月以上では学生ビザを取得して留学をすることになります。

カナダ留学について知りたいならこちらのサイトは便利です。

カナダ留学では、大きく8つの留学形態があり、まず代表として語学留学があります。
カナダ留学の中でもしっかりと英語を学ぶことができることから選択をする人も多くいます。


次に、キャリアアップ留学があります。このタイプは、ビジネスなどの専門的な知識や資格を目標として選ばれることが多く、短期プログラムのコースも設けられています。

マイナビニュースの情報ならこちらを参考にしてください。

3つ目としてはワーキングホリデーがあります。ワーキングホリデーは自由度が高いために人気があり、勉強や旅行、現地での就労など様々な経験をすることができます。
4つ目となる公立カレッジ・大学留学は、留学先を卒業し、準学士号や学士号、ディプロマの取得を目指す人に選ばれており、カナダへの移民を考えている人にも人気のある方法です。
他にも、最近人気が集まっている、大学を半年や1年休学して留学をする休学留学や、若いうちから語学の習得を目的とした高校留学、大人世代・シニア留学、ボランティアに参加をしながら学習をするボランティア留学があります。



関連情報

英語を話させるようになるための勉強をする際、日本教育は適していないことにまず気がつかなければなりません。日本教育では、英語の文法や単語を覚えることに力を入れ、それらを使って長文読解の練習をします。...

more

知識を増やす

カナダ留学の中でも語学留学は、最も人気のある方法です。語学留学は、将来、英語を活用した仕事に就きたい人やスキルアップを行いたい人、また、専門留学や大学留学を目指す人にも選ばれており、中には、カナダ移民の申請のためのIETLSスコアを得るために行うなど目的は様々です。...

more

注目情報

英語を身に付けるためにカナダ留学することは良い行動だと言えますが、日本人の場合、日本のような生活をしないように注意する必要があります。日本とカナダでは環境が違うので、油断しないことが求められます。...

more

知っておきたい常識

公立カレッジ・大学留学は、準学士号や学士号などの学歴取得を目標としたカナダ留学になります。カナダにある大学のほとんどは公立になりますが、カレッジも含めて専門プログラムも多数用意され、ここでは広く留学生を受け入れています。...

more
top